大阪市、西区キララ九条商店街・中央区のCTP ITschool、ITsupport。会社、経営者等の困った事も解決致します。

会社概要 サイトマップ

大阪の西区・中央区、ITスクールとITサポートならCTP

[受付時間] 平日:9:00〜20:00 土日:10:00〜19:00
お問い合わせは06-6231-6870まで!

無料体験のお申し込みはこちら!

スタッフブログ

2014年11月27日

マウス操作だけで異体字を変換できるようにする方法

 

IMEパッドの手書きでマウスをドラッグして文字を書くことが難しいときに便利な機能!

Windows7(Microsoft Office 2010)の場合
①言語バーのツールをクリック
②プロパティをクリック
異体字が変換できるようにするまでの操作①

③辞書/学習タブをクリック
④単漢字辞書をクリック
⑤一般、人名/地名、話し言葉優先のチェックボックスをクリック
⑥OKをクリック
異体字が変換できるようにするまでの操作②

⑦「あ」と入力してスペースキーか変換キーを押すと異体字や非常用漢字に変換できるようになります。
異体字が変換できるようにするまでの操作③

(注)異体字とは、「高」や「髙」のように同じ意味・読みで文字の形状が違う文字のことです。

※この内容は実際に生徒様からいただいたご質問の回答です。

 

Windowsにはまだまだ知ってそうで知らない機能や知っていると便利な機能があります。

パソコン教室morimoriでは、Windowsを基礎から知ってしっかり使いこなしたい

という方へのWindows基礎講座があります。

ぜひこの機会にどうぞ。
hd_muryoutaiken_2

パソコン教室morimoriでは、随時無料体験をやっております。


戻る
≪ 前の記事へ次の記事へ ≫