大阪市、西区キララ九条商店街・中央区のCTP ITschool、ITsupport。会社、経営者等の困った事も解決致します。

会社概要 サイトマップ

大阪の西区・中央区、ITスクールとITサポートならCTP

[受付時間] 平日:9:00〜20:00 土日:10:00〜19:00
お問い合わせは06-6231-6870まで!

無料体験のお申し込みはこちら!

スタッフブログ

2014年12月10日

AND・OR関数を組み合わせずにIF関数だけで複数条件できる方法。

 

IF関数とAND関数やOR関数を組み合わせずにIF関数だけで複数条件できる【Excel2010】

まずは、スタートボタンをクリックしましょう。
そして、すべてのプログラムをクリックします。
次に、Microsoft Officeをクリックします。
さらに、Microsoft Office Excel 2010をクリックします。
①A1をクリックして「商品名」を入力します。
②B1をクリックして「売上」を入力します。
③C1をクリックして「IF関数」を入力します。
④A2に「パソコン」と入力します。
⑤C2に「=IF((B2<=50000)*(B2>=100000),”○”,”×”)」と入力します。

※「*」は「かつ」(AND関数)と同じ意味です。

IF関数複数条件1

⑥A3に「特打」と入力します。
⑦B3に「4080」と入力します。
⑧C3に「=IF((B3<=2040)+(B3>=4080),”○”,”×”)」と入力します。
※「+」は「または」(OR関数)と同じ意味です。

IF関数複数条件2

※この記事は生徒様から実際にいただいたご質問を元に作成しております。

こんな方にオススメ

①IF関数をネストすると式が長くなり、見づらいのを解消したい。
②AND関数、OR関数を使わずにIF関数だけで複数条件を入力したい。

Excelにはまだまだ知られていない関数の使い方がございます。

パソコン教室morimoriでは、Excelの関数をもっと使いこなしたい

という方へのExcel応用講座がございます。

ぜひこの機会にどうぞ。
hd_muryoutaiken_2

パソコン教室morimoriでは、随時無料体験をやっております。


戻る
≪ 前の記事へ次の記事へ ≫