大阪市、西区キララ九条商店街・中央区のCTP ITschool、ITsupport。会社、経営者等の困った事も解決致します。

会社概要 サイトマップ

大阪の西区・中央区、ITスクールとITサポートならCTP

[受付時間] 平日:9:00〜20:00 土日:10:00〜19:00
お問い合わせは06-6231-6870まで!

無料体験のお申し込みはこちら!

スタッフブログ

2014年1月17日

【Photoshop】シームレス(継ぎ目のない)パターンを作る方法

みなさま、あけましておめでとうございます。WEB担当の辻本です。

年が明け、より寒さが厳しくなってまいりました。

さて、今回は継ぎ目のない、無限に並べられるパターンの作成方法をご説明いたします。

 

準備

まずはシームレスにしたい画像、模様などを準備します。

今回私は、少し季節外れですがもみじの写真を使っていきたいと思います。

 

作成方法

好きな大きさで新しいキャンバスを作りましょう。200px〜300pxぐらいがおすすめです。

正方形だとより作成しやすいです。今回は250px*250pxで制作していきます。

 

「ファイル」→「配置」でシームレスにしたい画像、模様を配置します。

 

配置した写真を選択すると、上記のようにキャンパス外にもはみ出していますので、

これを綺麗にキャンパスに収まるようにします。

 

「レイヤー」タブの該当レイヤー(今回は「パターン」)を右クリック→「レイヤーをラスタライズ」をクリック

 

そしてcommand(WindowsはCtrl) + Aでキャンパス全体を選択、「イメージ」→「切り抜き」を実行します。

 

これでもみじの写真も250px*250pxになりました。

さて遂にシームレスにする作業です。

「フィルタ」→「その他」→「スクロール」を選択。

 

数値は縦横共に、キャンパスサイズの半分を指定します。

今回の場合は一辺250pxなので、125pxを設定しています。

このとき、未定義領域は「ラップアラウンド(巻き戻す)」を選択しておきます。

こうすることで、移動しはみ出てしまった部分がぐるっと回りこんで表示されます。

これで左右上下に並べても、継ぎ目なく並べることができるようになります。

ちなみに、縦に並べるだけなら垂直方向のみ、横に並べるだけなら水平方向のみを指定すればOKです。

OKボタンを押すと下記のような画像になります。

十字の継ぎ目がうっすら見えると思いますので、これを「コピースタンプツール」で消していきます。

スクリーンショット 2014-01-17 11.00.41のコピー

 

ツールバーから選びましょう。

option(Windowsはalt)を押しながらクリックした部分をブラシとして使用することができるので、うまくコピーをしながら継ぎ目を消しましょう。

これで継ぎ目が目立たなくなりました。シームレスにする作業はこれにて終了です。

最後に、作成したパターンを使いやすくするため、Photoshopのパターンに設定しましょう。

 

「編集」→「パターンを定義」を選択します。

そうしますとパターン名を設定するウィンドウがでてきますので、好きな名前を入力しましょう。

 

レイヤーを右クリック→「レイヤー効果…」→「パターンオーバーレイ」か「テクスチャ」をクリック。

パターン選択画面を表示させると、先ほど作成したパターンが登録されているのを確認できます。

 

試しに500px*500pxのキャンバスにパターンを適応させてみました。

いかがでしょうか。なかなか良い感じに継ぎ目なく敷き詰められています。

思い通りのシームレスパターンが見つからない時は、思い切って自分で作ってみるのも良いかもしれませんね。

 

「Photoshopで写真の加工や合成も出来るって聞いたことあるけど。。。どうやってしたらいいか分からない。。。」

そんな方にはPhotoshop講座がおすすめです。

無料体験はこちら↓ 

hd_muryoutaiken_2


戻る
≪ 前の記事へ次の記事へ ≫