パソコンの強制終了によるリスクとは!?

パソコンの強制終了
パソコンが固まって動かない……誰もが経験するパソコンのフリーズ。

もう少しで完成だったのに!?と頭を抱える方もいるでしょう。
マウスも動かない。キーボードも反応しない。とにかく、うんともすんとも言わない。そんなときは諦めて強制終了するしかありません……
でも、本当に強制終了しか方法はないのでしょうか?強制終了する前にできることは無いのでしょうか?

パソコンの強制終了によって失われるもの

パソコンの強制終了 失うもの

作業中にパソコンがフリーズしてしまった場合、強制終了を実行することで起きる一番の問題は何でしょうか。

それは作業中のデータが失われてしまうことです。うっかり保存していなかった数時間分の作業データを一からやり直した、という経験がある方もいるのではないでしょうか?

苦労して作成したデータを、もう一度最初から作成し直すこと程悲しいことはありません!

プログラムによってはフリーズ直前の状態にデータを復元してくれるものもありますが、いつ何時訪れるか分からないフリーズに備えて、こまめにデータを保存することを癖づけするように心がけましょう。

パソコンの強制終了の方法

パソコン強制終了 方法

作業中のデータが失われるというデメリットのあるパソコンの強制終了ですが、どうしても打つ手がないときには強制終了するしかありません。

強制終了はパソコンの電源を長押しすることで行うことができます。パソコンが終了してから1分ほど待ち、再度電源を入れましょう。

間違ってもコンセントを抜かないでください。

ハードディスクにとって深刻なダメージになるかもしれません。

強制終了は最終手段です!

パソコンの強制終了 リスク

パソコンが固まった、という時はハードディスクのアクセスランプが点灯しているか確認してください。

アクセスランプが点灯している時、パソコンはまだ処理をしているのです。

完全にフリーズしていないので注意が必要です。強制終了は踏み止まって、しばらく待ってみてください。

アクセスランプが点灯している時に強制終了をして、作業を再開する。

これを繰り返していると、ハードディスクにダメージが蓄積されて故障の原因になってしまいます。

強制終了はあくまで最終手段です。

強制終了の前に試してみよう!

強制終了する前に試してみてほしいことがあります。

以下のチャレンジをすれば、もしかしたらパソコンが動きだしてくれるかもしれませんよ。

強制終了 回避

・ノートパソコンの場合はパソコンを閉じたり、電源ボタンを押すとスリープモードになります。
スリープモードになったら、再度電源ボタンを押してみましょう。マウスとキーボードが使えるようになるかもしれません。

・キーボードの操作ができる場合は、スタートキーとカーソルキーで終了オプションを選択し、スタンバイもしくはスリープを選択し、スタンバイ、スリープの解除を行ってみてください。

・固まっているプログラムを右上の×ボタンから終了させましょう。マウスが動かない場合はAlt+F4を押しましょう。「このプログラムは応答していません」というダイアログが出てきたら、すぐに終了ボタンを押しましょう。
パソコン フリーズ

・上記の方法でプログラムが終了してくれないときは、タスクマネージャーからプログラムを強制終了させましょう。

タスクマネージャーから復帰できる可能性があります。

Ctrl+Shift+Esc でタスクマネージャーを開いてみましょう。

それでもタスクマネージャーが開かない場合はCtrl+Alt+Deleteでタスクマネージャーの起動を選択します。

アプリケーションから、フリーズしているプログラムを選択し終了しましょう。
パソコン Ctrl+Alt+Delete

パソコン タスクバー

・外部からの動作を行ってみましょう。CD/DVDドライブの開けてみたり、空のUSBメモリがあれば、差し込んでみたりしましょう。

以上の方法を試してみてください。もしかしたら強制終了をせずに済むかもしれません!

強制終了は怖くない。慌てずに対処しましょう。

パソコンがフリーズしたとき、強制終了をすることを必要以上に恐れることはありません。

また、あまりにもフリーズが繰り返し起こる場合はパソコンの容量が一杯になっている場合が考えられます。

容量の見直しや増設を行ってみましょう。容量の問題でなければ、もしかしたらパソコンが故障しているかもしれません。

バックアップをしっかりとって、修理に出すことも検討しましょう。

“パソコンの困ったこと”、会社の困ったこと”、
安心の自社サポート、リーズナブルな価格で専門のスタッフがあなたの会社、あなたのパソコンのお悩みを解決します。

また、あなたの会社のインフラについても、専門のスタッフがお悩みを解決します!

まずはご相談・お見積からお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい!

06-6231-6877